認知神経リハビリテーション学会

essay

Home >  理事のエッセー目次 > エッセーNo.13

Index menu

HOME

認知神経リハビリテーション

学会について

主催事業一覧[PDF]

ベーシックコース

アドバンスコース

マスターコース

学術集会

アカデミア

セミナー

スペシャルセミナー

フォーラム

機関誌

参考図書・文献リスト

Q & A

入会・退会・変更など

Ecco!

会長からのメッセージ

理事のエッセー

リンク

各地の勉強会から

問い合わせ

会員専用図書室

理事のエッセー

←No.12へ No.14へ→

EssayNo.13  回復期リハビリテーション病棟竣工

川見清豪(理事)

 2008年7月1日,摂南総合病院に待望の回復期リハビリテーション病棟(46床)が竣工した.病棟は病院三階フロアーに開設され,認知神経リハビリテーションセンターと直結している.認知運動療法に特化した理想的なリハビリテーションの場がついに完成したのである.開設から一ヶ月経過し,病棟は順調に稼動している.今後はここでの豊富な臨床経験を生かして,院外からの教育・研修を受け入れることを計画している.全国的に見れば,わずか46床のささやかな臨床の場であるが,日本における認知運動療法の啓蒙・普及に貢献できれば幸いである.

回復期リハビリテーション病棟

←No.12へ No.14へ→

▲ ページ上部へ

pagetop