認知神経リハビリテーション学会

the science council

Home > 学術集会

Index menu

HOME

認知神経リハビリテーション

学会について

主催事業一覧[PDF]

ベーシックコース

アドバンスコース

マスターコース

学術集会

アカデミア

セミナー

スペシャルセミナー

フォーラム

機関誌

参考図書・文献リスト

Q & A

入会・退会・変更など

Ecco!

会長からのメッセージ

理事のエッセー

リンク

各地の勉強会から

問い合わせ

会員専用図書室

学術集会

第18回 日本認知神経リハビリテーション学会学術集会

第18回学術集会ポスター


!一般演題募集のお知らせ(5月22日)


日程 平成29年11月4日(土)〜5日(日)
会場 札幌コンベンションセンター
〒003-0006 札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1
テーマ 身体性認知神経科学とリハビリテーションの臨床:
Embodied-Cognitive Neuroscience and Clinical practice of Rehabilitation
一般演題募集期間
平成29年5月29日〜平成29年7月29日
発表形式はポスター発表となります。
事前登録 事前登録の開始日は随時掲載致します。
学会長 木村正剛(北海道立子ども総合医療・療育センター)
準備委員長 村上陽一(旭川三愛病院)
参加費 事前登録:会員10,000円、非会員11,000円
当日登録:会員12,000円、非会員13,000円、学生3,000円
宿泊 参加予定の方は各自お早めに宿泊先を確保して下さい。
主催 認知神経リハビリテーション学会

プログラム【PDF

1日目 2017年11月4日(土)
09:00 受付
09:30-09:50 ■学会長講演
『子どもの“脳のなかの身体”を育てる』
講師:木村正剛(北海道立子ども総合医療・療育センター)
09:50-10:40 ■教育講演
『身体所有感と運動主体感の神経科学−リハビリテーションにおける比較学習モデルの意味とは何か』
講師:森岡周(畿央大学)
10:50-12:10 ■特別講演
『身体性認知神経科学とリハビリテーションの臨床(仮題)』
講師:河島則天(国立障害者リハビリテーションセンター研究所)
司会:宮本省三(高知医療学院)
12:20-12:40 総会
13:30-14:20 ■臨床討議(フォーラムディスカッション)[1][2][3]プレゼンター×モデレーター
[1]異なる様相を呈する失行症の病態分類−各々のタイプに対する特異的な訓練の立案について(第1会場)
唐沢彰太(脳梗塞リハビリセンター川崎)×信迫悟志(畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター)
[2]認知課題が“身体−自己”に及ぼす影響 −症例の経過と身体経験に関する知見からの検討(第2会場)
大島埴生(岡山リハビリテーション病院)×大越友博(芳賀赤十字病院)
[3]麻痺を伴う失行症について〜患者の経験に基づく絵カードの使用は有効か(第3会場)
小川勝(隠岐病院)×沖田学(愛宕病院)
14:30-15:20 ■臨床討議(フォーラムディスカッション)[4][5][6]プレゼンター×モデレーター
[4]背側−腹側注意ネットワークの相互作用からみたUSNの回復過程における代償戦略と機能回復(第1会場)
大松聡子(国立障害者リハビリテーション研究所運動機能系障害研究部)×安藤努(文佑会原病院)
[5]強制把握を呈する患者の身体性−左前頭葉皮質下出血症例の病態解釈と回復プロセス(第2会場)
高見宏祥(新札幌パウロ病院)×玉木義規(甲南病院)
[6]パーキンソン病の姿勢障害とその身体性 −遂行機能との関連性を読み解く(第3会場)
青木良磨(登戸内科・脳神経クリニック)×橋間葵(文佑会原病院)
15:40-16:30 ■臨床討議(フォーラムディスカッション)[7][8][9]プレゼンター×モデレーター
[7]片麻痺の歩行における足部の圧情報構築の必要性(第1会場)
菅原紘子(函館稜北病院)×鶴埜益巳(国立がん研究センター中央病院)
[8]失行症における上肢の到達機能〜身体意識の形成メカニズムを考慮した治療介入(第2会場)
明神茉倫子(永生クリニック)×内倉清等(リハビリ特化型デイサービス繋)
[9]言語療法における認知問題としての「文字」 −その道具性の検討(第3会場)
木川田雅子(東北医科薬科大学)×稲川良(水戸メディカルカレッジ)
16:40-17:30 ■臨床討議(フォーラムディスカッション)[10][11][12]プレゼンター×モデレーター
[10]在宅リハビリテーション利用者の環境と身体性の考察−行為空間形成と治療的介入について(第1会場)
加藤祐一(結ノ歩訪問看護ステーション)×川見清豪(リハビリ訪問看護ステーションファミリア)
[11]身体運動と心的回転の相互作用〜メンタルローテーションと物体方向性について(第2会場)
木賊弘明(苫小牧日翔病院)×河野正志(村田病院)
[12]身体表象の定量的評価は可能か〜上肢ポインティングを用いた方法と言語記述の関連性(第3会場)
壱岐伸弥(川口脳神経外科リハビリクリニック)×安田真章(脳梗塞リハビリセンター)
17:40-18:10 ■映像講義
『リハビリテーションの世界を変える新しい作業仮説〜その発見と発明のプロセス〜』
講師:Carlo Perfetti
19:30 レセプション
2日目 2017年11月5日(日)
9:00 受付
09:10-11:30 ■一般演題発表
09:10-10:20奇数番号
10:20-11:30偶数番号
11:40-12:40 ■市民公開講座(第1会場)
『発達障害児の行為と身体性を理解するために』
講師:高橋昭彦(子どもの発達・学習を支援するリハビリテーション研究所)
司会:木村正剛(北海道立子ども総合医療・療育センター)
■臨床講義(第2会場)
『身体性の病理が生み出す言語』
講師:本田慎一郎(守山市民病院)
司会:村上陽一(旭川三愛病院)
■臨床報告(第3会場)
『サントルソ認知神経リハビリテーションセンターの臨床』
登壇者:新開谷まゆき(ながさわ整形外科)/木村絵梨(札幌渓仁会リハビリテーション病院)
司会:池田耕治(熊本総合医療リハビリテーション学院)
13:30-15:10 ■シンポジウム:精神化された身体(minded body)のリハビリテーション
『行為の空間とイメージおよびその記憶と想起における身体化された認知』
講師:園田義顕(高知医療学院)
『認知とは何か?ペルフェッティの考える身体性とは何か?』
シンポジスト:中村三夫(協同医書出版)/宮本省三(高知医療学院)/奧埜博之(摂南総合病院)/木村正剛(北海道立子ども総合医療・療育センター)
司会:園田義顕
15:10 フィナーレ

過去の学術集会情報についてはこちらをご覧ください

▲ ページ上部へ

pagetop