各地の勉強会から  
書き込み方法

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

神奈川県認知神経リハビリテーション研究会主催定例勉強会のご案内
2018/10/16

神奈川県認知神経リハビリテーション研究会主催定例勉強会
2018年度の案内

今年度のテーマは『病態解釈』です。普段の臨床思考を高め、病態解釈を明確にできるための勉強会にしていきます。

今回は10/20、21に行われる東京ベーシックコースの内容の一部を復習できる会としました。参加されていない方でもわかるように進める予定です。奮って参加をよろしくお願いします

日時:11月11日(日)10時〜16時
場所:登戸内科・脳神経クリニック 2階リハビリテーション室
参加費:300円
受付:9時30分〜 開始:10時〜
内容:
1.認知神経リハビリテーションの基礎
2.「上肢機能」の講義と実技
3.「更衣トイレ」の講義と実技
4.「家事書字」の講義と実技

【お申し込み方法】
参加をご希望の方は,kanagawaetc☆yahoo.co.jpに下記の事項を記入の上メールください(☆は@に変更してください)

@氏名 A所属 B職種 C会員or非会員 D修了コース(or 未修了)

よろしくお願いします。

高知県認知神経リハビリテーション研究会
2018/10/06

勉強会のお知らせです。

「両手の行為を考える 〜両手動作に困難さを認めた症例〜」

講師:平谷尚大先生(高知医療学院)
   豊田拓磨先生(愛宕病院)

場所:愛宕病院リハビリテーション室
日時:平成30年10月24日(水)19:00〜

お誘い合わせのうえ奮ってご参加ください。

京都認知神経リハビリテーション研究会 定例勉強会のお知らせ
2018/10/01

京都認知神経リハビリテーション研究会からのお知らせ

10月の勉強会では、『歩行』シリーズの3回目として、症例報告を行います。
8月の勉強会では認知神経リハビリテーションで歩行をどのように考えるか、9月は実際の訓練をどのように展開するかをお伝えしました。10月は実際の症例に対してどのように評価・観察を行い、どのように思考し、どのように訓練を考案していくのかといった一連の過程をお伝えしたいと考えております。
基本的な考え方の復習も交えて進めていくので、今月からご参加いただいても大丈夫です。
みなさまのご参加をお待ちしております。

平成30年10月の勉強会(定例)案内
日時:2018年10月12日(金)19時00分〜20時30分
会場:こどもみらい館(http://www.kodomomirai.or.jp)
テーマ:歩行(症例)
発表者:上田将吾(結ノ歩訪問看護ステーション)
参加費:400円

参加される方は前日までにお申し込みをお願い致します。
申し込み方法:@所属A職種B氏名C経験年数Dベーシックコース参加の有無を記載の上、表題を「京都認知申し込み」とし、kyotoninchi.jimukyoku@gmail.com までメールにてお申し込みください。
もしくはホームページ( https://ncr-kyoto.jimdo.com )の申し込みフォームよりお申し込みください。

認知神経リハビリテーション 四国合同勉強会のお知らせです。
2018/10/01

テーマ:臨床を紐解く〜ベーシックからのステップアップ〜

開催日:平成30年11月17日(土)

時 間:10:00〜17:00(受付9:30〜)

場 所:美馬市地域交流センター(ミライズ)
徳島県美馬市脇町大字猪尾字西分116-1

定 員:30名(ベーシックコース修了者)

参加費:2,000円(昼弁当代含む)

参加資格:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

申込方法:「認知神経リハビリテーション四国合同勉強会」のHPから
     https://shikokuncr.jimdo.com 募集受け付けフォームよりお申し込みください。

10月 大阪認知神経リハビリテーション研究会主催 定例会のご案内
2018/09/30

10月の定例会について下記の通り実施致します。

日時:10/25(木) 19:00〜21:00
場所:摂南総合病院 認知神経リハビリテーションセンター 3階リハビリ室

症例報告
『重度感覚障害にも関わらず、巧緻動作が保たれていた症例』
        村田病院:花田恵介先生

臨床研究
『失行症例の新たな病態解釈の視点〜模倣時の注視分析から見えてきたこと〜』
        村田病院:寺田萌先生(H30年,認知神経リハビリテーション学会学術集会 最優秀賞受賞)


今月は、症例報告と臨床研究の報告をして頂きます。発表して頂くお二方の先生は、大学院に通いながら臨床と研究に取り組まれています。Scienceの知見から症例の現象を結び付けてどのように解釈を深めていくのかを学ぶ機会になればと考えています。ご興味ある方は是非ご参加ください!

参加費;300円

勉強会に参加される方は、
前日までに@氏名・A所属・B資格を明記のうえ、下記アドレスまでご連絡下さい。
皆様のご参加をお待ちしております。
E-Mail;osaka_neurocognitive@yahoo.co.jp
事務局:摂南総合病院 認知神経リハビリテーションセンター 長倉 侑祐

第91回愛知県認知神経リハビリテーション研究 東海3県合同勉強会
2018/09/28

日時:10/28(日)勉強会9時30分〜17時00分

場所:ウインク愛知会議室1110

参加費:1000円

参加定員:42名

募集:ETCAホームページから

テーマ:
前半 内部観察と外部観察の相関関係
後半 認知神経リハビリテーションにおける観察から訓練構築し実施する

プログラム

9:30 受付開始

イントロダクション

午前の部
特別講師 本田 慎一郎 先生

12:00 休憩

午後の部
症例検討 宮本 大輝 先生
問題点抽出 〜内部観察〜グループ実技発表

17:00 終了

問い合わせ etca_aichi@yahoo.co.jp  
(コーディネーター PT 岩谷竜樹 )

茨城認知神経リハビリテーション勉強会のお知らせ
2018/09/27

茨城認知神経リハビリテーション勉強会のお知らせ

【日時】平成30年10月28日(日) 【場所】水戸メディカルカレッジ
【参加費】300円(資料代) 【定員】30名
【内容】
9:00〜受付開始
9:30〜12:30 

関東合同勉強会の伝達講習
「下肢で使用する道具の使用方法と実技
講師:茨城認知神経リハビリスタッフ

【申し込み方法】件名を「認知神経リハビリテーション参加申し込み」と記入の上、
@氏名 A職種 B所属施設名 C修了コース名(参加したことのない先生は、なしでかまいません) 
D連絡先(電話番号、E-mail1アドレス)を記載し、10月21日(日)までに下記メールアドレスまでご連絡
ください。

多くの先生方の参加をお待ちしております。

E-mail:ibarakietc@yahoo.co.jp

茨城認知神経リハビリテーション勉強会事務局 小川 理弘

東京勉強会のお知らせ
2018/09/16

認知神経リハビリテーション 東京ベーシックコースを終えられた先生方
東京勉強会、西東京勉強会へ参加されました先生方

東京勉強会のお知らせです。

今回の内容はベーシックコースを終えられた先生方のフォローアップとして開催いたします。過去にベーシックコースに参加された、もしくはご興味ある先生方の参加をお待ちしております。

※開催時間がいつもと異なります。
下記ご参照の上、お間違いのないようお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
認知神経リハビリテーション東京研究会主催 東京勉強会

ベーシックコースフォローアップ

@右半球損傷の病態解釈と回復の探求 〜半側空間無視(山手千里)
「行為のスペース・インテグレーション(空間統合)」としてみた右半球障害の特徴
半側空間無視の病態(注意障害、身体空間・身体周辺空間・身体外空間)
半側空間無視の治療(身体の正中線、体性感覚空間への注意、行為の多感覚統合)

A左半球損傷の病態解釈と回復の探求 〜失行症(三上恭平)
「行為のトランスフォーメーション(変換)」としてみた左半球障害の特徴
失行症の病態(肢節運動失行・観念運動失行・観念失行)
失行症の治療(動作的・映像的・言語的表象の同種・異種感覚情報変換、道具使用)

日程:10月14日(日) 10:00〜13:00 9:30受付開始
会場:河北総合病院 西館地下1階講堂 http://kawakita.or.jp/access/index.html
対象:ベーシックコース修了者
参加費:300円

参加希望される方は所属・氏名を記載の上、件名に「第2回東京勉強会」と表記し、認知神経リハビリテーション東京研究会のメール(etc.tokyo@gmail.com)にお申し込みください。

10月 千葉認知神経リハビリテーション研究会勉強会
2018/09/06

千葉県認知神経リハビリテーション研究会10月の定例勉強会のお知らせをさせていただきます。

2018年度テーマ:脳卒中片麻痺患者におけるADLの効率的な学習を認知神経リハの目的である行為の学習という視点から学ぶ

今回は「片麻痺の階段昇降の特徴とその観察」について学んでいきます。
実技、基礎理論を含めた講義を行います。

【日時】
10月14日(日) 
10:00〜16:30(受付開始: 9:30〜)

【場所】
 リブマックス貸会議室(千葉) 京成電鉄千葉線「西登戸駅」徒歩10分
                JR総武線「西千葉駅」南口徒歩15分
 URL:https://www.kaigi-shitsu.net/search/chiba/hlm_chiba_mihama.html

【内容】
 午前 :片麻痺者における階段昇降の特徴とその観察方法
 午後1:階段昇降の観察方法とその訓練(認知神経リハの実技体験)
 午後2:認知神経リハにおける階段昇降の学習とは

【タイムスケジュール】
 09:30〜10:00 受付
 10:00〜12:00 片麻痺者における階段昇降の特徴とその観察方法
 12:00〜13:00 休憩
 13:00〜14:30 階段昇降の観察方法とその訓練(認知神経リハの実技体験)
 14:40〜16:30 認知神経リハにおける階段昇降の学習とは

【講師】
 午前:守屋耕平
 午後:濱田裕幸

【定員】
 70名

【参加費】
日本認知神経リハビリテーション学会の会員・非会員により異なります。
会員:一日1000円   非会員:一日2000円

【申し込み方法】 
受講申し込みは、以下のURLからお願いします。

https://sites.google.com/site/cognitivo11chiba/2018-10yue-ding-li-mian-qiang-hui

皆様のご参加を心よりお待ちしております。
千葉県認知神経リハビリテーション研究会事務局一同

9月 京都認知神経リハビリテーション研究会勉強会のお知らせ
2018/09/02

京都認知神経リハビリテーション研究会からのお知らせ

9月の勉強会では、前回に引き続き『歩行』をテーマとした勉強会を行います。
今回の勉強会では、前半で実際の訓練のデモンストレーションを行い、後半では実技の練習を行いたいと考えております。
先月の講義の内容を踏まえた課題の練習を予定しておりますが、今月からの参加でも問題のない内容となっております。
初学者の方も含め、多くの方の参加をお待ちしております。

平成30年9月の勉強会(定例)案内
日時:9月14日(金)19時00分〜20時30分予定
場所:京都市こどもみらい館(http://www.kodomomirai.or.jp
(京都市営地下鉄烏丸線 丸太町駅から徒歩5分)
テーマ:歩行(実技)
参加費:400円

参加される方は前日までにお申し込みをお願い致します。
申し込み方法:@所属A職種B氏名C経験年数Dベーシックコース参加の有無を記載の上、表題を「京都認知申し込み」とし、kyotoninchi.jimukyoku@gmail.com までメールにてお申し込みください。
もしくはホームページ( https://ncr-kyoto.jimdo.com )の申し込みフォームよりお申し込みください。

京都認知神経リハビリテーション研究会事務局 上田将吾

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -